医療英語 看護師 英語

アレルギーの確認って英語でどうすればいいの!?

救急車に乗った時や、健康診断で採血する時など、様々なシチュエーションで氏名・生年月日・病歴とともにアレルギーの確認は一つのセットのようになっているかと思います。

氏名・生年月日などは過去に「外国人患者へのあいさつ 初級編上級編」で、また発音音声付きでnoteにて初級編を公開しております。

まず、アレルギーは英語では「allergy」ですが、ネイティブの方でもあまり「allergy」と使うことは少ないです。考え方としては「allergy」は状態や抗原に対して身体がどう反応を示すか、という単語なので医療従事者の「どんなアレルギーがありますか?」という文章においては「allergy」のまま使用すると少し不自然に感じてしまいます。

では文章や会話ではどのように形を変えるかというと「allergies」もしくは「allergic」と形と変えます。「Allergies」は「allergy」を複数形にしたものですが、抗原に対する身体の反応は一つではないので、このような使われ方をします。「Allergies」を文章や会話で使うなら「何かアレルギーはありますか?」という日本語の文章の形をそのまま使うことが出来ます。

“Do you have any allergies (to ~)?”

何か(any)アレルギー(allergies)はありますか(do you have)?

文章後半のかっこ書きの部分は付け足さなくても構いませんが、付け足すのであれば「medication」(薬)や「food」(食品)などと具体的な物の名前を挙げることが必要となります。代わりに「allergic」を使う場合は少し似ていますが、使う単語が少し変わります。

“Are you allergic to ~?”

何か(to 後半~部分)アレルギー(allergic)はありますか(are you)?
Are you ~? となるので、どちらかというとあなたは~?になりますが聞いている内容は変わりません。
後半~部分には同じように「medication」や「food」と例を挙げても良いですが、「anything」と言っても構いません。

「Anything」と言うと「なんでも」ととなりますが、最初の文章よりも患者側の回答が広がります。薬や食品だけではなくテープやラテックスなど化学製品も質問の中にカバーすることができます。

この「allergic」から派生してこのような質問をすることもできます。

① ”Have you had any allergic reaction before?”
② ”Have you had allergic reaction to ~ before?”

①は「過去に何かアレルギー反応はありましたか?」とオープンクエスチョンになります。
②はクローズドクエスチョンになり、何か薬品などのアレルギーがあった、と答えがあった時に関連して同じ分類の薬品でもアレルギーがあったか、確認することができます。
例えばイブプロフェンでアレルギーがあったと答えたので同じ鎮痛薬であるカロナールはどうだったか?などと聞く時に使えます。この際の患者さんの答えは「Yes」もしくは「No」になります。

こちらの「have you ~?」の場合は「allergic reaction」とワンセットの使い方をしますので「allergic」だけでは伝わりにくいです。「Allergic reaction」の場合は「アレルギー反応」と訳されます。

薬品などは海外ではブランド名で覚えている患者さんが多いので同じ薬品でも日本では名前が違いことが多々ありますのでスペルを聞くことも重要になります。その際は「Could you spell that for me?」と聞きましょう。ちなみにカロナールはオーストラリアでの販売名は「panadol」となりスーパーでも買える鎮痛解熱剤になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です