日常英会話 英語

「マンション」は和製英語?

海外であっても、日本であっても、住宅事情は変わりません。郊外に行くにつれて土地が安くなる、市街地に行けば行くほど賃料や土地代は高くなる…など日本とさほど変わりはありません。靴を脱がないで家に入るので日本の玄関とは少し違うことや、湯船に浸かる風習がないのでシャワーのみ、といった文化の違いにより細かい間取りの違いはありますが、概ね変わりません。

海外でも、日本でも住宅は戸建てもしくはマンションやアパートといった形で、建てられています。日本ですと、大きさによってマンションやアパートと呼び方が違いますが、イギリス英語をはじめとする英語圏では「マンション」と「アパート」は別物です。

ます日本におけるマンションは英語で「apartment」(アパートメント)と呼び、大きさや階数関係なく、アパートメントとなります。ここで注意が必要なのが、日本のアパートは「アパートメント」の略ですが、英語では略しません。

“I live in an apartment.”

私はアパート(apartment)に住んで(live in)います。

もっとややこしいことにこの「アパートメント」、イギリス英語では通じないことが多いのです。イギリスではアパートのことを「flat」(フラット)と呼びます。スペルも発音も「平面」であることを表す「フラット」と変わりません。

“I live in a flat.”

私はアパート(flat)に住んで(live in)います。

例えば誰かに道案内するときに「団地を通り過ぎる」など目立つ建物を目印として説明するのにも使えますね。日本でイメージされる「団地」としてはそのままの単語は英語にはありませんが、同じマンションがたくさん建っている住宅地は海外でもあります。その場合には「block of flats」と言います。この表現はマンションを「flat」と呼ぶイギリス英語ではよく聞くのですが、アメリカ英語の「apartment」ではあまり聞いたことがありません。

では日本の「マンション」は英語ではどう言うか。英単語としての「mansion」はありますが、日本での使われ方とかなり異なります。日本の感覚で「I live in a mansion」と言うと…びっくりされるかと思います。というのも英語の「mansion」は「大豪邸」や「館」という意味になるので、「マンションに住んでいる」と言うと相手に「この人、めちゃくちゃお金持ちなんだ!」と思われることになります。イメージとしてはハリウッドスターなどがビバリーヒルズに建てる大きな家のイメージです。寝室が10部屋あって、プールがあって、バスルームが…のような大豪邸、というイメージなので日本の「マンション」とはかなり形が異なります。

また、厄介なことに英語の「mansion」、正しく言うとアメリカ英語の「mansion」となります。イギリス英語におけるマンションは歴史的に見ても「館」を指すことが多いので「manor」となります。日本語でも「マナーハウス」と聞いたことはあるかと思います。

「ダウントンアビー」で背景にある建物がマナーハウスとなります。
貴族や領主の邸宅を「マナーハウス」と呼びます。

英語的には「mansion」でも「manor」でもどちらでも同じものですが、国によって使われ方が少し異なります。歴史を感じられる英単語ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です