オーストラリア 日常英会話 英語

イギリス英語では「1階」は2階!?

日本やアメリカではエレベーターに乗ると「1階」「2階」と地上階が続き、地下は「B1」や「B2」と表示されていると思います。

しかしイギリスやオーストラリアでは少し特殊になります。これはイギリスの植民地であった香港でも見られる階数の数え方です。

まず日本での「1階」はイギリス英語での「Ground floor」になります。直訳すると地上階になります。建物の床面が地面から地続きの階ですので「ground」の階「floor」という考え方で「1階」は「ground floor」です。

そして「2階」はイギリス英語での「first floor」です。なぜ「2階」が「1階」なのかというと「ground floor」から1つ目「first」の階「floor」なので「2階」は「first floor」となります。

そしてこれが建物の階数ごとに増えていくのですが、日本にあたる階数から1を引くと現地での階数の数え方にあたります。

これはオーストラリアだけではなくイギリス連邦国で見られる特徴なのでイギリスではもちろん、ニュージーランドや歴史的背景から香港でも見られます。

地上階から逆に地下の階数になるとエレベーターによって変わりますが「UG」もしくは「-1」という表記になります。「-1」はマイナス1階なので地下1階とすぐにひらめくかと思いますが、「UG」は一体…?となりますよね。

UG」は「Under ground」の頭文字をとったものです。「under」下の「ground」地面、で地下にあたります。建物によって地下1階しかない場合はこのような表記になります。

しかしこの地下階の表記、様々あり、「basement」を意味する「B」だったり「lower ground(LG)」という表記も見かけます。「B」は日本でもよく目にしますが「LG」も「UG」と似た意味になります。「Lower」はlow(低い)の形容詞で「~より低い」となるので「ground」(地面)より低い「lower」となりこれも地下1階を表します。

イギリス英語圏に行った際はエレベーターの階数ボタンにもぜひ注目してみてください。空港やホテルなどでも同様なので「G」ボタンから基準に地下や地上階を数えてみましょう。

ただし、ホテルで自分の部屋が「14階」だからといって日本のような感覚で「イギリス英語で14階は13階だから13のボタンを押せばいいんだ!」とならないように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です