日常英会話 英語

日本の「震度」と英語の「震度」は同じ?

日本は地震大国と言われるくらい、地震が多く、何度も大地震を乗り越えてきました。アメリカ・カリフォルニア州も地震が多い地域として知られていますが、太平洋プレートの影響で日本もアメリカ沿岸部は地震が多い場所とされています。

日本でも地震を伝えるときに「マグニチュード」と「震度」が使われていますが、この日本で使われているのは気象庁が定めたものですので、建築などに使われる工学的震度とは別のものです。

地震が起きた時に英語で避難を促す時にマグニチュードで言えばいいのか、震度で言えばいいのか迷ってしまうと思います。

日本で使われている「震度」は気象庁が決めたものなので、日本でしか使われていません。医療スタッフ向けの英語の参考書などでは「震度」を「level ~」と書かれていることがありますが、「震度」は日本で日本人もしくは日本に長く住んでいる外国人相手にしか通じないと思います。

“The level 4 earthquake has happened so we need to evacuate.”

「震度(level)4の地震(earthquake)が起きたので避難(evacuate)しなければ(need to)なりません。

日本へ短期で来ている外国人の方には地震が起きた際には「マグニチュード」の方が理解されやすいです。ただ、地震がほとんど起こらない国・地域があるので全員が全員、「マグニチュード」を理解するというわけではありません。

“The magnitude 6.4 earthquake has happened so we need to evacuate.”

「マグニチュード(magnitude)6.4の地震(earthquake)が起きた(has happened)ので避難(evacuate)しなければ(need to)なりません。」

「震度」は伝わりにくいですが、「津波」は通じることが多い、というより「津波」は「かわいい」がそのまま外国で通じるように輸出された日本語になります。

The tsunami’s going to reach here at 7:00 pm.

午後7時(7 pm)に津波(tsunami)がここ(here)に到達(reach)します。
「します」と断言しているので(going to)になります。

「津波」は英語でも「tsunami」と言います。到達(reach)が難しければ代わりに「来る(come)」を使っても通じます。また「Tsunami’s」の「’s」は「is」の略になるので複数形でないことに注意してください。英語における津波は「数えられないもの」ですので「s」や「es」が付くことはありません。フランス語におけるリエゾン(単語の前後がくっついて発音される)のように複数形もそうでない場合も同じように発音されることが多いです。例として「Nice to meet you」の「meet you」が「ミーチュー」と発音されるように「Tsunami is」も「ツナミィス」というように発音されます。

The tsunami may reach here at 7pm.

もしかしたら(may)津波(tsunami)が午後7時(7 pm)に到達(reach)するかもしれない。
「may」が使われているので「もしかしたら ~ かもしれない。」という形の文章になります。

こちらの文章の場合は「~ is going to」という断言する形の文章ではないので津波の後に「is」が使われないので「tsunami」となります。

言葉が通じない国での災害や緊急時はとても怖いものです。緊急時であっても英語での注意や指示をできるようになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です