オーストラリア 医療英語 看護師 英語

医療英語での痛みの表現ってどうするの!?

日本語でも痛みの表現が様々あるように英語でも様々です。ここでは成人を対象とした痛みの表現を紹介していきます。外国人の方は「痛みはないけど痺れる」というような表現もするのでそちらも合わせて紹介します。

まず、「痺れ」は pins and needles と言います。発音は ピンズアンドニードルス とpinを複数化するsが濁ります。これは痺れてピリピリするという表現で使われます。長時間正座して立ち上がった時の足の痺れとピリピリ感と同じように考えてください。

聞き方としては “Do you have any pain or pins and needles?” となります。この質問の中に腕や足に痛みや痺れ、と部位を特定したければ “Do you have any pain or pins and needles in (部位の名前)?” というように聞きます。

また、痛みの表現の仕方では、文化による言い回しであったり、年齢(小児か成人)によって細かく変わりますがここでは代表的なものを紹介していきます。

日本語でも様々な表現がありますが、私がよく聞いた代表的な単語はこちらになります。

“Dull”“Sharp”・”Stinging”・”Crushing”・”Radiating”・”Come and goes”・”like an elephant sitting on the chest”などを使って聞いていました。

“Dull pain” は「鈍い痛み」という意味で聞いていました。頭痛や腰の痛みなどで使います。これはあまり患者さんからは聞きませんでしたが、どんな痛みですか、と聞かれてどのように答えればいいか悩んでいる時に羅列したりしていました。

“Sharp pain” は「鋭い痛み」という意味で病院実習で外科病棟に行くとよく耳にしました。術後の創部の痛みなどでよく患者さんが仰っていました。こちらより痛みが激しい場合の表現として “Stinging”・”stabbing pain”・”burning pain” などを使います。

“Stinging”・”stabbing pain”・”burning pain” は「刺されるような」「焼かれるような」という表現で使います。”Stinging”と”stabbing”はどちらも似たような意味で使われますが、一般においては”stabbing”の方が分かりやすいと思います。

“Crushing pain” は「潰されるような痛み」という意味で聞きます。これは主に内科病棟、特に循環器内科で使いました。狭心症の発作時の痛みの表現としてかなり代表的です。教科書的表現でもありますが、患者さんからもよく聞きました。また “like an elephant sitting on the chest” という表現も教科書的ですが、狭心症発作時の痛みの表現としてこれも代表的なものです。象(elephant)じゃなくても何か重いものが胸に乗っている、という表現であれば大丈夫です。

“Radiating pain” も狭心症や心筋梗塞発作で聞かれる表現ですが、こちらは「放散痛」という意味です。これは看護師間や医療スタッフ間でも使われる用語なので覚えておくと便利です。心筋梗塞で見られる放散痛は腕・首・肩・背中などがあるのでその部位の名前も覚えておくと看護記録でより詳しく書くことができます。

“Come and goes” は痛み自体の表現ではなく痛みの性質の表現ですがこれもかなり使える表現です。フレーズ自体は「行ったり来たり」という意味ですが、これも痛みを感じる時と感じない時の表現として使えます。時間が短ければ、 “Does your pain comes and goes?” と「痛みが消えたり感じたりしますか?」と聞いたあとに “How long? Does it come within like a minute or longer time?” 「どれぐらいの時間ですが?例えば分単位、もしくはもっと長い時間ですか?」と聞くことができます。

痛みの表現はこれよりもたくさんありますが、代表的なものを抜粋しました。臨床での経験や先輩看護師、患者さんからも学ぶことはできるので聞くことは大切です。患者さんに痛みがある時にあれこれ聞くのは難しいですが、違うタイミングで先輩看護師や患者さん本人に聞いてみるのも私は良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です